« 33S 馬主会成績 | トップページ | ごぶさた »

34S到来、そして...

34シーズン2月...
とうとう、デッドリキュール号の引退が来てしまった。weep

ここまで本当に末永く活躍してくれた。
成績も、初重賞や連対率50%など、かなりの馬主孝行だった。

この先は、種牡馬として良い後継を産んでほしい。happy01
デッドボンバイエに次ぐ、看板種牡馬としても末永く活躍して欲しいと思う。good

Photo

お迎えが来た後にメモしたパラメーターなので現パラは若干落ちてしまったが、ピーク時には全パラ通りの伸びだったので、他の皆さんが期待して付けて頂けたら幸いです。

それと、デッドボンバイエから、すごい産駒が生まれたらしい。eye
うちの産駒ではないのが残念だが、GⅠを狙える器はあるとの事!
その馬の行く末も見守って行こうと思う。shine

それより、うちの産駒に期待馬はいるんだろうか?

|

« 33S 馬主会成績 | トップページ | ごぶさた »

バヒさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 33S 馬主会成績 | トップページ | ごぶさた »